株式売買委託手数料の自由化

Pocket
LINEで送る

投資家へのサービスという面で、1998年4月に売買代金5000万円超の部分について手数料が自由化され、さらに翌年10月からは完全に自由化されました。

従来は証券会社を通じて株式を売買する際、投資家はその都度証券会社に売買委託手数料を支払います。

そして、その売買手数料は一律で売買代金に応じて6段階に固定されていました。

このように、株式を売買する際の手数料が一律ではなく、各証券会社が自由に決められるようになったことを株式売買委託手数料の自由化と言います。