ツルベンシー・マージン比率

Pocket
LINEで送る

ツルベンシー・マージン比率とは、保険金支払い余力の指標を比率で表したもの。

ツルベンシー・マージン比率は大災害等で多数の被保険者が出たような場合にその保険会社がどの程度耐えられるかを示す指数で、保険金の支払能力(ツルベンシー)の余裕度を表すものです。

1998年3月から発表されることになりました。一般に200%以上なら安全とされており、それを下回ると金融庁が経営改善を求める「早期是正措置」をすることになっています。